『攻殻機動隊 SAC_2045』イリヤ・クブシノブがキャラデザを担当! 草薙素子イメージビジュアル&コメント公開

 Netflixにて2020年全世界独占配信となるアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』より、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブさんが本作のキャラクターデザインを担当することが発表。主人公・草薙素子のイメージビジュアルとコメントも公開された。

koukaku_003

 シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻』史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治さんと、荒牧伸志さんによるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品となる。

 この度、フランスで開催されているアヌシー国際アニメーション映画祭にて、現地時間6月11日、 Netflixによるパネル<スタジオ・フォーカス・セッション>に、本作の監督である神山健治さん、荒牧伸志さんが登壇。壇上にて、キャラクターデザインについて発表された。イリヤさんはInstagramで162万人、Twitterで33万人というフォロワーを有し日本のみならず、全世界から注目される気鋭のイラストレーターだ。

イリヤ・クブシノブ コメント

 日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』がきっかけです。「こういう素敵な作品を作りたい!」という思いから、日本で活動することを決めました。私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬 気持ちを込めて描いています。

DATA
■『攻殻機動隊 SAC_2045』

配信:Netflixにて2020年全世界独占(中国本土を除く)

STAFF:
原作=士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社KCデラックス刊)
監督=神山健治×荒牧伸志
キャラクターデザイン=イリヤ・クブシノブ
制作=Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。